旅行の目的は人それぞれ

旅行では旅の途中で何度もトイレのお世話にならねばなりません。

旅行では日本のトイレットペーパー持参でやり方注意

旅行の目的は人それぞれ 旅行では旅の途中で何度もトイレのお世話にならねばなりません。そしてそのトイレが後ろをやる場合、女性の場合はさらに前をやる場合はさらにトイレットペーパーのお世話にならねばなりません。そして用を足してトイレットペーパーでしかるべきところを拭いたら、それをトイレの中に捨てて流してしまいます。

こんな当たり前な光景が旅先によっては困難に直面してしまう可能性に警戒しなければなりません。困難に直面してしまう可能性の1つは公衆トイレの一部となります。そこにもしトイレットペーパーがなければ立往生することになります。そのため常に旅をするときにはトイレットペーパーを自ら持参することが対策の1つになります。そしてもう1つ警戒しなければならないのはトイレつまりとなります。これは水道管が細いとか水圧が弱いなどの理由でつまりをおこします。もちろん出した物がでかすぎるのも原因の1つともなります。このつまりをやらかしたら旅先で嫌な印象が植え付けられて旅の楽しさを台無しにするし、現地の人に怒られかねません。そのつまりの可能性を減らすには普段から自宅でもトイレのやり方に工夫をしなければなりません。まず出すべきものを出したらトイレットペーパーで拭く前にいったん流してしまうことにします。その次にペーパーで拭いたらもう一度流すことにします。これでつまりの可能性は一気に汚物と拭いたペーパーを同時に流すよりも減らすことができます。もちろんそのペーパーは水溶性の高い品質のいいのでなければなりません。

関連リンク

Copyright (C)2019旅行の目的は人それぞれ.All rights reserved.